RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅でテープ起こしを仕事とするときの税金、社会保険について(申告の重要性編)

money_zeikin.png

初めて訪れるあなたも常連のあなたもこんにちは。
カナ文字工房の関 香奈枝です。
今回から3回シリーズで、『在宅でテープ起こしを仕事とするときの税金、社会保険』についてというテーマで話を進めていきます。
第1回では、『申告の重要性編』ということで、税金申告の重要性、税金はそもそもなぜ負担するのか、税金がなくなったらどうなってしまうのかをお伝えいたします。

<申告の重要性>
あなたの病状や障害の程度によっては、役所から医療費などの給付が出ていることがあると思います。
給付を受ける場合、手続きに確定申告書の写しが必要になる場合があります。
確定申告をしていないと給付を受けられるまでの時間がかかってしまうので、収入が少ない場合でも確定申告はしておいたほうがいいなと思います。
私は以前の仕事で出会った方のうち、税金の申告をしていなかったために給付が受けられるまでにとても時間がかかった方を、何人か知っています。
医療費の手続きのほかに申告もしなければならず、とてもつらそうでした……。
申告さえしていれば、すぐに給付が受けられたのですが……。
このことから面倒がらずに申告はしておいたほうがいいと、私自身は思っています。


<そもそも、なんで税金を負担するのか?>
安全で豊かな社会を維持し、発展させていくことは、私たち一人一人の願いですよね。
国や地方公共団体は、教育や福祉、医療、消防、警察などのさまざまな仕事をしてくれています。
これらの仕事をしていくためには、多くの費用を必要とします。
その費用を国民全員で相互に負担しあうのが、『税金』なのです。


<もし税金がなくなったら、この社会はどうなってしまうの?>
・悪いことをする人がいても捕まえてくれるお巡りさんはおらず、町は危険になってしまいます
・火事になっても消防車は来ないので、あっという間に町は大火事になるでしょう
・道路の穴はいつまでたってもふさがれず、危険な状態が続いてしまいます
・ごみを処理してくれる人がおらず、町じゅうに悪臭が漂うことでしょう
・今受けている役所の医療費制度が受けられないので、医療費が支払えなくなります
・生活保護はありませんので、病気や障害で働けなくなっても助けがなかったら飢え死にするかも……


このように、税金は私たちの暮らしにとても深い関係があります。
私たちの生活を守るうえでも、そしていざというときに自分が税金に支えてもらうためにも、申告はとても大切だなと、私は思います。

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
この記事が、あなたの何かにお役に立てたのなら幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ











スポンサーサイト

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。