RSS

どうする?寒さ対策

publicdomainq-0001457gdxnbs.png



初めて訪れるあなたも、常連のあなたも、こんにちは。
カナ文字工房の関 香奈枝です。
今回は、暖を取るためにはどのように工夫したら良いのかを考えてみたいと思います。
そろそろ、体が冷える時期になってきましたね。
いかがお過ごしですか。
寒い時期になると、デスクワークはつらくなることが多いですよね。
病気や障害のある体には、寒さは大敵です!
デスクワークでは、運動で体を温かくすることは期待できません。
体の熱を奪われないようにしたり、温めたりする道具を使う必要があると思います。
特に足元と手先が冷えないようにする工夫が必要になってきます。
どのような工夫をしたら良いか、例を挙げてみます。

<目次>
・思い切って、机や椅子を木製のものに取り換える
・フットスイッチを踏む際に役立つのは、室内履きとカーペット
・足元を温める
・アルミ製の着る寝袋を使う
・不要なダウンのコート腕部分をレッグウオーマーにする
・手袋の利用
・毛糸の帽子をかぶる
・壁と机の間に段ボールを置く

・思い切って、机や椅子を木製のものに取り換える
私自身、スチール製の棚をPCデスクとして使っていたことがあります。
机を木製のものに取り換えるまで、体が冷えて仕方がありませんでした。
木製の机にしたら冷えにくくなったので、金属が熱を奪う力というのはものすごいものがあるなと思ったものです。
あなたがお持ちの机、天板がガラス製のものやスチール製のものを使っている場合は、もったいないけれど木製のものに取り換えたほうが良いと、個人的に思います。
<目次>へ戻る

・フットスイッチを踏む際に役立つのは、室内履きとカーペット
フットスイッチは、足で踏む面が金属製のものもあります。
金属は、想像以上に体の熱を奪ってしまいますので、金属部分に直接足が触れないようにすることが大切です。
室内履きを履いてしまうと、フットスイッチを踏む際にも足が温かいです。
室内履きが苦手な方は、フットスイッチそのものにフリーカットタイプのカーペットを貼り付けるのも良いと思います。
私は、室内履きと貼るカーペットの両方利用したところ快適に作業できるようになりまして、とても驚きました。

ポカリーナ マルチルームシューズ


消臭吸着タイルカーペット 30cm×30cm 中判 (ライトグリーン, 10枚) …
<目次>へ戻る

・足元を温める
体にやさしい、湯たんぽを使うことがお勧めです。
湯たんぽは、体の粘膜や水分を乾燥させてしまうといったことも防げるので、風邪の予防にもなり健康管理にはうってつけ。
湯たんぽを毛布や段ボールで覆うと暖かさが長持ちしてくれるため、節電にもなります。
足が暖かくなるだけで体温を保つことができるので、湯たんぽを利用するのは大切だなと感じています。
室内履きにハクキンカイロを入れることで、足先も温かくすることができます。
ハクキンカイロとは、燃料を毎回入れて火を付けるタイプのカイロです。
ごみも出ないので、とってもエコですね。

ひつじさんのもこもこ湯たんぽ


【お徳用セット】 ハクキンカイロ PEACOCK + 専用ベンジン セット

足元を温めようとする場合、ホットカーペットやデスクヒーターは使わないほうが良いと個人的に思います。
電気で体を温めると喉の粘膜や皮膚が乾燥し、感染症にかかる原因になるからです。
また電磁波を多く出しているので、避けるほうがよろしいでしょう。
テープ起こし作業をする場合、PCの前で既に多くの電磁波を浴びてしまっています。
<目次>へ戻る

・アルミ製の着る寝袋を使う
アルミ製着る寝袋は、値段が安いうえにとても温かくなりました。
アルミ製切る寝袋の上にダウンコートと裏フリースのパンツを着用することで、保温効果があったようです。

防寒アルミ寝袋スーツ
<目次>へ戻る

・不要なダウンのコート腕部分をレッグウオーマーにする
腕部分を取り外して布端を処理するだけの簡単な作業で、市販されているレッグウオーマーより温かいものが作れました。
賛否両論あるかとは思いますが、安上がりで効果は抜群でした。
<目次>へ戻る

・手袋の利用
手袋を使うと、手先の冷えを防ぐことができます。
スマホやタブレットを作業中に使われる場合は、スマホ対応の手袋を使うと良いでしょう。
ガラス面に触れると予想以上に手先が冷えてしまいますが、手袋があれば大丈夫です。
<目次>へ戻る

・毛糸の帽子をかぶる
毛糸の帽子をかぶることで、かなり体の冷えが防げます。
特に耳を覆うと、体がぽかぽかと暖かくなります。
耳穴式イヤホンを使っている場合は、市販の毛糸の帽子が使用可能です。
耳を覆うタイプのヘッドホンを使っている場合、市販の毛糸の帽子をかぶるとヘッドホンを外すたびに帽子も一緒に脱げそうになるので、工夫が必要です。
<目次>へ戻る

・壁と机の間に段ボールを置く
壁からの放射熱を防ぐために、壁と机の間に段ボールの箱を置き、壁からの冷気を防ぐのも有効です。
<目次>へ戻る

こうして温める工夫を続けることで、暖房費を節約しながら作業をすることができました。
帽子をかぶることを思いついたのは、私自身の体験によるものです。
以前、私は勤めに出ていた時に円形脱毛症に悩まされたことがありました。
最初は小さかった脱毛部分がどんどん広がってしまい、見た目が良くありませんで、どうしたらよいか困ってしまい……。
それでも、私は窓口職員でしたから窓口に出なければなりません。
窓口業務で帽子はかぶれませんので、医療用かつらを利用しました。
実際にかぶってみると、手足がとても温かくなったのです。
いつもより快適に過ごすことができ、とても助かりました。
このことから、頭部を覆うのは冷えを防ぐ意味で大切だと分かったのです。
現在では、在宅ワークでかつらをかぶるのはおかしな気がするので、耳の部分に穴を開けた帽子を自作し、利用しています。

ここ数年の水道光熱費の金額を確認しましたが、電気代は月におおむね3500円以内でした。
経費には入っていませんが、ガス代も5000円以内でした。(ちなみに、ガスはプロパンガスです)
経費節減、節電をしつつ体も温かいのですから、これ以上のことはないでしょう。
あとは、作業の合間に少しは体を動かすといった工夫をすることで、暖房を使うことが最小限にできると思います。

今回も、最後までお読みいただきましてありがとうございました。
もし、あなたの何かにこの記事が役立つようでしたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム