RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音声認識ソフト、Amivoice SP2を使いこなそう(数字入力編)

初めてご訪問いただく方も、常連の方もこんにちは。
カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は、「音声認識ソフト、Amivoice SP2を使いこなそう(数字入力編)」というテーマで話を進めていきます。

あなたは数字入力が得意ですか。
それとも苦手でしょうか。

私は数字の入力が大の苦手で、
ほかの文字を入力するときよりもずっと気をつけて数字を入力していたものです。

数字入力は、仕様によって大きく変わりますから、
仕様をきちんと理解していかなければいけません。

私が経験した例を挙げますと、次のようなものがほとんどだったと思います。
・全ての数字を全角にする
・全ての数字を半角にする
・4桁ごとに単位を入れる
・全て数字で表現する
・全て漢数字で表現する。
・数字が1桁ならば全角で表現し、2桁以上であれば半角で表現する

音声認識ソフトAmiVoice SP2では、
これらの表現に対応してくれるので、
入力をするときに大変助かっております。

初期設定をきちんと行えば、
数字の入力に苦手意識を持つことは少なくなると思いますので、
しっかりと設定することをおすすめします。

それでは、具体的な設定のしかたについて解説していきましょう。

<数字表現の設定>
(1)AmiVoice SP2を起動する。

(2)設定ボタンを押す。
Amivoice SP2 初期画面 - コピー


(3)設定画面の左側メニューから「表現」を選択する。
Amivoice SP2設定画面 - コピー


(4)数値の表現欄の▼を押す。
Amivoice SP2設定画面 - コピー (2)

(5)どの表現にするか選択する。
Amivoice SP2数字

(6)「適用」をクリックし、最後に「OK」ボタンを押して終了する。
Amivoice SP2設定画面 - コピー (3)



使い始めてからすでに数か月たちましたが、
今のところ数字の入力で困っていることはありません。
ただ一つ残念なのは、
「数字が1桁ならば全角で表現し、2桁以上であれば半角で表現する」ということに対応する選択肢がないということでしょうか。
それ以外は快適に動作してくれるので、
大変助かっております。

もしあなたも音声認識ソフトAmiVoice SP2をお使いになるようでしたら、
数値の表現の設定をきちんとしておくと、
間違いを修正する時間が減るので、
作業時間が早くなってとても良いと思います。
ぜひお試しください。

音声認識ソフトAmiVoice SP2に興味のある方は、こちらをクリックしてください。

今回も最後までお読みいただき、
誠にありがとうございました。

この記事があなたの役に立つことを、お祈りしております。

この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます
音声認識ソフト、Amivoice SP2を使いこなそう。(ユーザーを分けよう編)
音声認識ソフト、Amivoice SP2を使いこなそう(句読点を自動入力編)
音声認識ソフト、Amivoice SP2を使いこなそう(自動転送編)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。