RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

句読点をどこで打つかで文章の意味が変わると知っておく

こんにちは、カナ文字工房の関 香奈枝です。
今回は、「句読点をどこで打つかで文章の意味が変わると知っておく」というテーマで話を進めていきます。

あなたは文章をしたためるときに、句読点の位置について深く考えてつけていますか?
私はテープ起こし、映像字幕を生業とする前は考えなしに使っていました。

この句読点の位置が少しでも違うと、次のようなことが起こります。

・ここではきものをぬいでください。
例1 ここではきものをぬいでください。
例2 ここではきものをぬいでください。

・ここでもう回してみよう。
例3 ここでもう回してみよう。
例4 ここでもう回してみよう。

例1~4のように、句読点の位置が変わると文章の意味がまるで変わってしまいます。
「原稿をチェックする際、少し立ち止まって、話者が本当に伝えたい意味がきちんと伝わるかどうかをよく確認すること」と、師匠から口酸っぱく言われたのを思い出します。

今回も、最後までお読みいただきましてありがとうございました。
この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。