RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

AmivoiceSp2、ユーザーのインポート

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。
今回は、前回に引き続いて「AmivoiceSp2、ユーザーのインポート」というテーマで話を進めていきます。

前回の記事では、ユーザーの保存方法についてお話をしました。今回の記事では、新しく買ったパソコンや、ハードディスクを入れ替えたパソコンに対し、AmivoiceSp2のユーザーデータをインポートする手順を写真入りでまとめました。

何かのお役に立てたら幸いです。

(1)AmivoiceSp2を起動します。
インポート1ー1

(2)ユーザーをログアウトします。ユーザー選択ツールのアイコンをクリックしましょう。
インポート1ー3

(3)ログアウトをクリックします。
インポート2

(4)ログアウトされます。処理が終わるまで、数十秒お待ちください。
インポート3

(5)Amivoiceツールバーの上で、右クリックをします。
インポート4

(6)ユーザーのインポートをクリックします。
インポート6

(7)ユーザーのインポートツールが起動します。処理が終わるまで数十秒お待ちください。
インポート7

(8)ユーザーフォルダから追加をクリックします。
インポート8

(9)AmivoiceSp2のユーザーデータが保存されている箇所を選択して、開くをクリックします。
インポート9

(10)インポートしたいユーザーを選択し、開くをクリックします。
インポート10

(11)チェックボックスにチェックを入れ、インポートをクリックします。
インポート12

(12)「以下のインポート先ユーザーは、すでに存在します。インポートすると情報が上書きされますが、よろしいですか?」と表示されるので、インポートするユーザーを確認して、はいをクリックします。
インポート13

(13)「インポートが完了しました」とメッセージが表示されたら、OKをクリックします。
インポート14

(14)無事にインポートが完了しました。
インポート1ー1

インポートをする手順が少し多いように感じるあなたも、安心してください。バックアップとインポートの手間を惜しんでデータがごっそりなくなることを考えたら、割合簡単に操作可能です。

個人的には、せっかく育てた音声認識ソフトのユーザーをいつまでも使いやすくするため、インポート、エクスポートをしておきたいと思います。

今回も、最後までお読みいただきましてありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

関連する記事:AmivoiceSp2のユーザー保存

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。