RSS

AmivoiceSP2のユーザー保存

こんにちは、カナ文字工房の関香奈枝です。今回は、AmivoiceSP2のユーザー保存というテーマで話を進めていきます。

以前、仕事用メインパソコンが壊れてしまい、サブパソコンで作業を行いました。その際、以前から音声認識ソフトAmivoiceSP2のユーザー保存を定期的に行っていたため、特に困ることなく作業を続行することができました。急ぎの案件だったので、とても助かりました。

もしユーザーの保存を行っていなかったら、作業に支障を来していたでしょう。メインパソコンがトラブルに見舞われても、納期にも普通に間に合わせるためにはユーザーの保存は大切なのだなと実感した体験でした。

ほかにもユーザーの保存方法を知りたい方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが、もしほかの方の参考になればと思いまして、この記事をしたためました。お役に立てれば幸いです。

では、早速手順をご紹介しましょう。

(1)Amivoiceバー(以下、ツールバーとします)を表示させた状態にします。そして、ツールバー上で右クリックします。
エクスポート1


(2)ショートカットメニューが表示されます。今回は、ユーザーのエクスポートを選択します。
エクスポート3


(3)エクスポートツールが起動します。数十秒時間がかかります。
エクスポート4


(4)ユーザーのエクスポートウインドーが開きます。
ここでは、保存したいユーザーを選択することができます。
保存したいユーザーのチェックボックスを右クリックし、チェックを入れます。

ユーザーのエクスポート5


(5)ユーザーのエクスポートウインドー右下にある「参照」ボタンをクリックします。
ユーザーのエクスポート6


(6)任意の場所を設定します。ご自分の保存したい場所を選択しましょう。
写真では、例としてデスクトップを選択しています。

ユーザーのエクスポート7


(7)保存したいフォルダをクリックし、画面右下「開く」をクリックします。
ユーザーのエクスポート8


(8)ユーザーのエクスポート先フォルダが設定されました。
ウインドー右下、「エクスポート」ボタンをクリックします。

ユーザーのエクスポート9


(10)「エクスポートが完了しました」と表示されるので、OKボタンをクリックします。
ユーザーのエクスポート10

保存作業を毎回作業終了時だけでも行っておけば、例えば仕事用パソコンが壊れてほかのパソコンで一時的に作業しなければならない場合にも役立ちます。

今回は、AmivoiceSP2のユーザー保存というテーマでお話を進めました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

関連する記事:AmivoiceSP2、ユーザーのインポート


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム