RSS

タイピング練習に役立つYouTube動画をシェアいたします。

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は、タイピング練習に役立つYouTube動画をシェアいたします。

テープ起こしを仕事としていくのであれば、ブラインドタッチができることは必須といえます。最初は張り切ってブラインドタッチができるように練習に取り組んだものの、挫折してしまい、テープ起こしを仕事とすること自体を諦めてしまう方も多いのです。

せっかくやる気があるのにちょっとした技術がないだけで諦めてしまうなんて、とてももったいないことだと思います。しかし、ブラインドタッチができるようになるか見通しが立たないと、継続して練習することは難しいのも事実です。

本屋さんに行けばブラインドタッチについて教えるさまざまな本が売られていますし、パソコンショップにはタイピング練習ソフトもたくさん売られています。しかし数が多すぎてどれを選んだら良いのか分からない人も多いでしょう。私も、正直どれを選んだら良いか、分かりません(笑)。

そんなあなたに、練習方法をYouTubeで配信してくださっている方の動画を見つけましたので、シェアいたします。

興味のある方は以下のリンクから直接動画をご覧ください。


今でこそ1分間に200文字以上を入力できる私も、かつてはブラインドタッチが上手にできない人間の一人でした。勤め人をしていた時には、同僚たちが素早く、しかも間違いなく入力していくのに、私はミスが多いうえに入力速度は遅かったです。当時の私には、周囲の同僚が魔法使いに見えたものです。

そんな私でも、紹介したYouTube動画を見てから練習を行うことによって、タイピングが上手にできるようになりました。この動画では、片手ずつ練習をしていき最後に両手入力を練習します。片手ずつタイピングを練習することは、タイピングが苦手な方にも取り組みやすい方法だと思います。動画で紹介されている方法は、子どもが初めてピアノを習うときに、最初に右手で練習をし、次に左手で練習をし、最後に両手で曲を演奏できように練習させるのと同じです。

また、ご紹介した動画では、どうやったらキーボードを見なくてもホームポジションに戻れるかという方法も紹介されています。その方法とは、突起が付いている「F」キーに左手人差し指を置き、「J」のキーに右手人差し指を置くというものでした。キーボードを見ないでも突起のついたキーを探し出すことができれば、両手の指が自然とホームポジションに置かれるようになるのです。

この動画を見て、私は「F」キーと「J」キーに突起が付いていることを、初めて知りました。キーボードを見ていない状態でキーを手探りで探しても、突起があるキーを探せばホームポジションにちゃんと指を戻すことができました。このことが分かったので、ブラインドタッチを覚える速度が速くなりました。

この動画の指導に従って練習すれば、ブラインドタッチが苦手だったあなたもタイピングが上達するでしょう。

大丈夫、きっと、できるようになります。

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム