RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧字体にご用心

無題
初めて訪れるあなたも、常連のあなたも、こんにちは。
カナ文字工房の関 香奈枝です。
今回は『旧字体にご用心』というテーマで、お話を進めていきます。
突然ですが、あなたは、旧字体とは一体何のことかご存じでしょうか。
旧字体とは、当用漢字で採用された字体である新字体に対し、それ以前に採用されていた字体を指します。
旧字体という名称ではありますが、現在でも使用は可能であり、企業名や人名、小説や漫画などの中で今も使用されているのです。
きちんとした字体で表記をすることは、テープ起こしをする際にはとても重要なこと。
ということは、企業名や人名、小説や漫画などには旧字体が使われている場合があるので、文字の確認をしっかりとしてきちんとした字体で表記しなければならないということなんですね。
旧字体には、例えば次のようなものがあります。
斎、齋、齊……
邊、邉、……
﨑、嵜、碕……
髙、嵩……
惠……
㐂……
冨……
ほかにもたくさんありますが、ここでは割愛します。

名前を旧字体で書く人、企業などは多く存在しますので、名前の字体をよく確認しないと、名前の文字を間違えてしまいます。
名前の文字を間違えることは失礼に当たりますから、絶対にしないようにしたいものですね。
つまり、文字をしっかりとチェックすることは、失礼な行為を避ける意味でも大切なのです。
チェックが不十分な場合、誤った表記が広まってしまうことがあります。
また、次から仕事をもらえなくなってしまうことも考えられます。
正しい表記の原稿を仕上げることは、正しい表記を伝え、仕事を続けていくためにもとても大切ですから、文字が正しいかどうかをしっかりと確認をしていただければと思います。
どうしたら、間違いを防ぐことができるのでしょうか?
(1)間違いやすい旧字体を覚えておく
(2)資料やインターネット、書籍などから正しい表記を確認する
(3)確認の際、文字を拡大して表示しておく
上記のようにして、しっかりとチェックを行うのもよろしいのではないかと存じます。
特に、文字を拡大する方法は、個人的にお勧めです。

<マウスやトラックパッドを使った文字の拡大・縮小方法>
以下のリンクをクリックしてみてください。
Windowsの場合:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110427/359958/?rt=nocnt(ITProさまのページに飛びます)
Macの場合:http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/system-hints/how-to-use-the-zoom-function-of-macos.html(Inforatiさまのページに飛びます)

個人的には、文字を大きく拡大して見たことで間違いに気付きやすくなりました。
目の疲れが減ったことも、良かったと思います。

今回は『旧字体にご用心』というテーマでお話をいたしました。
この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

関連記事
・人名を表記するときの決まり
・旧字体にご用心

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。