RSS

フットペダルの代わりにゲームパッドを利用する

初訪問のあなたも、常連のあなたも、こんにちは。カナ文字工房の関 香奈枝です。

今回は『フットペダルの代わりにゲームパッドを利用する』というテーマで、話を進めていきます。

ゲームパッドとは、PCやコンピューターゲームを操作するためのデバイスです。

一方、フットペダルとは足でPCを操作するデバイスです。フットペダルで音声の再生・停止、巻き戻し、早送りをコントロールさせますと、手は文字入力に専念させることができます。フットペダルは便利な機材ですが、足がまひや切断、生まれつき足がないなどでフットペダルを使うことができない方もいます。

足でフットペダルを踏めなくても、キーワードでホットキーを使えばテープ起こしはできます。ホットキーとは、キーボード操作だけでテープ起こしソフトを操作して音声の再生・停止、巻き戻し、早送りを操作できるキーのことです。

ホットキーの設定によっては小指を酷使して、腱鞘炎になることがあります。もし、ゲームパッドのボタンを親指がある位置に設置できれば、力が強い親指でPCを操作することができるはずです。

私は、音声認識とキーボード入力も組み合わせて使えば、何らかの理由で足を使うことが難しい方でもテープ起こし作業が楽に手早くできるのではないかと考えました。そして、ゲームパッドを使って実際に作業した結果、肩こりや腕の痛みがなくなったり、作業時間が短縮されるなどの効果が得られました。

ゲームパッドを使った結果が良かったため、ほかの方々にもその内容を広めたいと考えました。そこで、今回は効果的なゲームパッドの設定方法と、使用した効果についてお伝えいたします。

必要なものは、何か?
ゲームパッドとPCを接続しただけではキーボード信号を割り当てることはできません。ゲームパッドをPCで使いこなすためには、専用ソフトをインストールし、さらにゲームパッドでキーボード信号が使用できるように機能を割り当てる設定が必要です。ここでは、何が必要でどのような設定をすれば良いかを解説していきます。

ゲームパッド
ゲームパッドは、iBUFFALOから発売されているレトロ調のものを使用しました。ゲームパッドはUSBケーブルでPCと接続すると、特別なソフトをインストールしなくても使用することができます。
15032752_1097177600399179_1458756842646322880_n.jpg

ゲームパッド設定ソフトJOY to key
JOY to keyとはシェアウエアで、ゲームパッドにキーボード信号を割り当てるためのソフトです。また、マウスのクリックやマウスポインターの操作も設定することができます。マウスは接続したままゲームパッドを使うことが可能です。信号割り当ての組み合わせは何度でも自由に変えられますので、ご自分の使いやすい方法に変えることができます。

キーボード信号をゲームパッドのどのボタンに割り当てるかは、ユーザーの体の機能に合わせて決める必要があります。通常、ゲームパッドのボタン設定は、何度かゲームパッドを使って試行錯誤を繰り返すことで決めます。一度の設定では使いやすいデバイスにはなりません。根気よくユーザーのニーズを聞き、キーボード信号をゲームパッドのどのボタンに設定したら使いやすいかを試してみる必要があります。

健常者の方がJOY to keyを使用するのであれば、JOY to keyは有料でライセンスキーを購入して使うことになります。こちらに料金の支払い方法が記載されていますので参照してください。

しかし、障害のある方のために福祉目的で利用する場合、ソフト開発者に連絡すればJOY to keyのソフト代金が無料になる特別ライセンスキーをもらうことができます。

PCでゲームパッドを使用するための設定
レトロ調ゲームパッドをPCに接続してJOY to keyでキーボード信号を割り当てることで、テープ起こしにゲームパッドを使う準備ができます。ここでは、設定方法について解説していきます。

JOY to keyのダウンロード方法
まず、ソフトウエア開発者のホームページから直接ソフトをダウンロードしてください。ダウンロードページはこちらです。

screencapture-joytokey-net-ja-download-1484733524384.jpg

分かりにくいので、画面を拡大します。

拡大JOY to keyホームページ

Zipファイルがダウンロードされます。無事にダウンロードができたら、Zipファイルを解凍してください。

Zipファイル

Zipファイルを解凍すると、JoyToKeyというファイルがあります。JoyToKeyをダブルクリックします。

Zipファイル2

joytokeyexeというファイルがありますので、ダブルクリックすると、JOY to keyが起動します。

Zipファイル3

JOY to keyの、キーボード信号設定方法
ゲームパッドのどのボタンにどのキーボード信号を割り当てるか、JOY to keyの設定を行います。例として、ボタン1にCtrlキーとSキーを同時に押せるように設定してみましょう。ファイル(F)ボタンをクリックし、設定ファイルの新規作成をクリックします。
Zipファイル7


まず、設定ファイルの新規作成をクリックすると、新規設定のファイル名を設定するダイアログボックスが出てきます。ご自分で好きな名前を付けて「OK」をクリックしてください。(ここでは例として、「テスト1」というファイル名で設定します)

Zipファイル8

新規設定のファイル名を設定すると、ボタンの設定をします。入力欄を左クリックすると、入力欄が黄色くなります。入力欄が黄色くなっている状態でCtrlキーを押すと、Ctrlキーが割り当てられます。同じ要領で、すぐ下の段の入力欄を左クリックします。そして入力欄が黄色くなったら、Sと入力します。設定が終わったら、OKをクリックします。これで、ボタン1にCtrlキーとSキーを同時に押せる設定が終わりました。

Zipファイル12

実際にボタン1を押してみると、今まで入力していたデータの上書き保存ができるようになります。ボタンの設定は自由に変えられますので、ほかの設定も試してみてください。また、ほかのボタン(例えばボタン2、ボタン3など)にもお好みのキーボード信号を割り当ててみてください。

上記の例を参考に、ゲームパッドの好みのボタンに音声の再生・停止、巻き戻し、早送りの設定を行います。設定は、ご自分が使っているテープ起こしソフトのホットキー設定と、ゲームパッドのボタン設定が同じになるようにしてください。

ちなみに、私が使用している書き起こしソフトは、おこ助Pro3です。おこ助Pro3で使用しているホットキーと、ゲームパッドからのキーボード信号が同じになるように設定しました。例として、私が使用している設定を画像で示しておきます。
JOY to key設定キャプチャ

ゲームパッドを使用した結果
ここまで、ゲームパッドのボタンを設定することについて解説してきました。ここからは、ゲームパッドとJOY to key、音声認識ソフトAmivoiceSP2を使用して、テープ起こしを行ってみた結果をお伝えします。

作業時間が10%短縮された
ゲームパッドと音声認識ソフトを使用したところ、キーボードだけで音声コントロールと文字入力を行う場合よりも、作業時間が短くなりました。

例えば、60分音声をテープ起こしすることを取り上げます。キーボードだけで音声コントロールと文字入力を行う場合だと、作業時間に4時間かかっていました。ところがゲームパッドを利用して音声コントロールを行うことと、文字入力を音声認識ソフトで行うことにより、作業時間が3時間40分に短縮されたのです。

手入力だけの場合より、20分も作業時間が短くなりました。

肩こりや腕の痛みが減った
ゲームパッドや音声認識ソフトを利用することにより、手を動かすことが減ります。そのため、肩こりや腕の痛みが減りました。

手入力だけで音声コントロールと文字入力をしていたときは、翌日に肩や腕が痛くて重いものを持ち上げることがとてもつらかったです。しかし、そのような症状に悩まされることもなくなり、家事もしやすくなりました。

冬は、湯たんぽに足を乗せておける
冬になると、足先が冷えます。足先が冷えることで、フットペダルを踏むことはつらく感じます。

しかし、音声コントロールをゲームパッドで操作する方法に変更したことにより、袋に入れた湯たんぽの上に足を乗せて、足先を温めることができるようになりました。

湯たんぽで足先を温めると、暖房を弱くしても体が冷えることはありません。また、湯たんぽは暖房器具と違って、体から水分を奪うことはありません。つまり、湯たんぽを使っても粘膜の乾燥を防げるのです。このことにより、感染症の予防にもなりました。

以前は風邪をとてもひきやすかったのですが、今では冬に風邪をひくことはなくなり、とても助かっております。

まとめ
ここまで、ゲームパッドを利用した際の効果について解説してきました。

ゲームパッドは遊び道具と思われてしまいがちですが、使い方次第でフットペダルの代わりや便利な入力デバイスとして使うことができます。上記の設定以外にもほかにもマウスの右クリックを設定したり、半角/全角キーなどを設定してゲームパッドを利用することで入力作業時間の短縮をすることができたり、肩こりや腕の痛みなどの症状から解放されたりすることができます。

もしお手持ちのゲームパッドがあったら、試しにテープ起こしに使用してみてください。さまざまなメリットが感じられることと思います。

今回は、フットペダルの代わりにゲームパッドを利用することについて、話を進めてきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。このつたないブログが、あなたの何かの参考になれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

登録会社に、病気や障害のことをオープンにすべきか、しないようにすべきか

こんにちは。カナ文字工房の関 香奈枝です。
今回は『登録会社に、病気や障害のことをオープンにすべきか、しないようにすべきか』ということについて、話を進めていきます。

病気や障害のある方が外注スタッフ登録活動をするときに必ず迷うのが、病気や障害を登録会社にオープンにするか、しないかということではないでしょうか。病気や障害がある自分でも会社が受け入れてくれるのかは、とても気になるところです。結論から言うと、病気や障害についてオープンにしても、しなくても、どちらでもいいです。しかし、病気や障害について会社側に言わないほうが、仕事の幅が広がることは間違いありません。

私がここ数年の経験を通して感じたのは、登録会社には医療や福祉の知識が皆無だということです。福祉法人が運営している所も、少数ですが存在します。しかし、福祉作業所として仕事をしていることが大半です。福祉作業所ですと、月の工賃が平均1万円強といわれています。とても、自立して生活できる金額を稼ぐことはできません。

もしテープ起こしを在宅で行って自立した生活を行いたいのであれば、福祉や医療について知識がない会社に登録することになります。つまり、多くの金額を稼ぎたいのであれば、障害や病気についての合理的配慮は受けられない会社に外注スタッフ登録をするしかないと思っていたほうが良いでしょう。

厳しいようですが、登録会社にとって、あなたに病気や障害があるかは興味がありません。彼らが大事なのは、あなたが望むかたちで仕事をしてくれるかどうかです。登録会社から配慮を受けずとも与えられた仕事をきちんとできることは、テープ起こしによって多くの金額を稼げることにつながるのです。

もし、病気や障害についての合理的配慮がないことに不安や不満があるのであれば、テープ起こしを在宅で行って経済的に自立することは不可能だと思います。在宅で仕事をする場合は、自分で仕事量を調節し、スケジュール管理を行い、機材も自分の体に応じたものを準備できます。まずは自分が仕事ができるように環境面や能力面を整えることが大切です。

テープ起こしを在宅ですることは、いくつかの条件をクリアできれば病気や障害があってもできるものです。ですので、自分が以下の条件をクリアできるかを考えてみることが、応募できる状態かどうかの目安になるかと思います。必要と思われる事柄を、思い浮かぶだけ列挙してみました。ほかにもありましたら、申し訳ございません。

・パソコンを使って、日本語入力が1分間に100文字以上できること(1分間に80文字以下の入力速度だと、納期に間に合わせられません)

・音声をはっきりと聞くことができる聴力があること(耳鼻科で行われる聴力検査の一つである『語音明瞭度検査』の結果が100%であることが必須)

・文字を使った知的な作業に支障がないこと

・口話による会話ができること

・電話での音声による会話に支障がないこと

・インターネット回線を使って、文書、データ、メールのやり取り、音声による会話ができること

・登録会社の仕様を守って仕事ができること

・スケジュール管理に支障がないこと

・締め切りを守れること

・分からないことは自分から質問できること

・自分が可能な仕事量を把握できていること

・体調によって、柔軟に仕事量を自分で調節して、必要であれば仕事を断ることができること

・一人で作業するほうが得意であること

・長時間集中できること

・言葉の学習を継続できること

・体の状態に合わせた機材やソフトを自分で選び、使いこなすことができること
(例)
視力障害の場合:画面を拡大表示して見やすく設定したり、スクリーンリーダーを使ってメールや文書のやり取りを行うようにしたりできる。
肢体不自由の場合:入力を支援する音声入力ソフトや外付けスイッチを使ったり、画面の位置を見やすく調節し、作業に支障がないようにできる。

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
この記事を読んでいるあなたが、障壁を乗り越えて在宅でテープ起こしができるようになることをお祈りしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



【不定期出題】交通情報を起こしてみよう


練習問題【交通情報の音声】

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は【不定期出題】交通情報を起こしてみようということで、練習問題をアップしてみました。もしよろしかったら、練習用にお使いください。

テープ起こしは、何度も実際に練習することで能力が上がっていきます。何ごとも練習と学習が大切です。この仕事は学習が苦手な人にとって、苦痛以外の何ものでもありません。日々、言葉を学習することが仕事が手早くなるための秘訣だからです。練習や学習なんて面倒と思う方は、正直、テープ起こしを仕事とせず、ほかにご自分に合った仕事を探されたほうが良いと思います。そのほうが、誰にとっても幸せな結果が得られるからです。もし、練習や学習を面倒がらずにできる方には、テープ起こしを仕事とし、収入を得るという結果が待っていることでしょう。


<練習の行い方>
1 練習用音声と仕様書をダウンロードします。
以下のリンクを右クリックして、保存してください。
練習用音声(mp3ファイル)
仕様書(pdfファイル)


2 テープ起こしを実際に行います。

3 解答例をダウンロードします。
  以下のリンクを右クリックして、保存してください。
解答例(docxファイル)

4 解答例と自分の解答例を突き合わせ、間違っている所を確認します。
 (答え合わせのしかたは、過去記事『テープ起こし専門会社からのフィードバックが来たら、簡単に二つのファイルの違いを見比べる方法』をご覧ください)

5 間違っている所は、音声を聞いて再度確認してみましょう。

以上です。

交通情報は、多くの地名や道路名が音声中に出てくるため、検索しながらテープ起こしするのに良い教材だと思います。ラジオやテレビの音声を録音して、自分で練習してみるのも良いかもしれません。

今回も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

この記事が、あなたの何かに参考になれば、幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ






仕事を獲得するために、応募のポイント

こんにちは。カナ文字工房の関香奈枝です。

今回は、仕事を獲得するために、応募のポイントという内容で、話を進めていきます。

テープ起こしにまつわるサイトやブログはたくさんあります。でも、その多くは通信講座の宣伝のために作られたものだったり、在宅ワークの説明サイトの仮面をかぶったネットビジネスのサイトだったりして、実際にどこで仕事が獲得できるのかが不明瞭なページがほとんどです。

テープ起こしに関する書籍はまだまだ数が少なく、しかも、仕事の見つけ方を書いてある本は皆無といってもいいほどです。一体、在宅でテープ起こしをしている人たちはどうやって仕事を得ているのか、長いこと私には謎でした。

さて、テープ起こしを仕事としている人たちは、どうやって仕事情報を得ているのでしょうか。今回は、私が実際に行った方法をご紹介します。

仕事情報が見つからない……

私はテープ起こしの仕事を探し始めたのは、2015年のことです。その頃はなかなか仕事につながる情報が見つけられませんでした。普通にPCで検索すると、なぜかテープ起こしについてのまとめサイトが上位に表示されてしまいます。求人募集を掲載しているページにたどり着く方法が、すぐには分かりませんでした。どうしたら在宅で働けるか分からず、体調も優れない中、不安な日々を過ごしていたものです。

1冊の本に出会う

そんなとき、1冊の本に出会いました。その本は、「テープ&音声起こし」即戦力ドリルです。この本は、私に仕事の探し方を教えてくれました。


この書籍には、初心者にも分かりやすいように仕事の探し方を具体的に紹介してありました。とても分かりやすかったので、業界初心者だった私にも理解でき、行動する勇気がわきました。執筆者には、大変感謝しております。

それから私は、この本のとおりに仕事情報探しを始めました。実際に企業に履歴書を送ったり、メールで連絡を取ったりしたのです。企業から返事が来るまで、本当にどきどきしました。

すぐにお返事がいただける企業もありましたし、応募してから1カ月以上たってからお返事があった企業もありました。中には返事が来ない企業もありました。お返事いただけた企業さまからは、トライアル(採用テストみたいなもの)を受けるように言われました。トライアルまでは受けたものの、全ての会社さまと縁があるわけではありません。不採用を受け取ると、気分が落ち込みました。しかし、長時間落ち込んでいるわけにもいきません。なんとか気分を切り替えて、応募しトライアルを受けては不採用となることを繰り返していきました。

めげずに応募し続けていった結果、やっといくつかの企業とご縁をいただけるようになりました。最初は月に数万円の収入でした。しかし、作業に慣れるにしたがってだんだんと収入が上がっていったのです。今ではなんとか生活できるほどの収入になり、採用していただいた企業の方には、大変感謝しております。さらに技術に磨をかけ、これからも仕事に精進していきたいと考えています。

応募時の注意点
ここまで読んで、実際に、テープ起こしの仕事に応募してみたくなった方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたに、求人応募時点での注意点ごいくつかご紹介します。

応募先の採用条件のうち、学歴欄を確認しよう
自分の学歴に合わせて応募先を決めましょう。例えば、大卒程度でなければ絶対に採用しないと決めている企業もあるのです。もし、あなたに学歴に不安があるなら、最初から学歴、経験不問の会社のみに応募していくほうが良いです。めぼしい企業を見つけたら、まずは採用条件の学歴を確認してみましょう。

自分が対応できる採用面接かを確認しよう
自分が対応できそうもない方法で面接をする企業に応募すると、採用すらされない恐れもあります。自分が対応できそうな面接方法かどうかを確認しましょう。

企業によってやり方はそれぞれです。おおむね、次のような方法で採用面接が行われます。

・電話だけで行う
・実際に、応募した企業に出向いて直接面接をする
・Skype(スカイプ)などインターネット回線を使って行う

もし、あなたが病気や障害によって外出が難しいのに直接面接をする企業に応募してしまうと、相手先にご迷惑をかける恐れがあります。外出が難しいのであれば、電話かインターネット回線を使った面接をする企業に応募したほうが良いでしょう。相手にも自分にも負担なく、面接を行うことができます。

直接相手企業に出向くことができるようであれば、直接面接をする企業に応募して問題ありません。あくまで事業者であることを忘れず、自信を持って面接に臨みましょう。

悪徳サイトに注意
仕事をしたいと思う気持ちにつけ込んで、人をだまそうとするような悪徳サイトも残念ながら存在します。以前もご紹介したテープ起こし求人、安全な募集を見分けるポイントを参考に、きちんとした情報を得るようにしましょう。

まとめ
誰かがテープ起こしの仕事を世話してくれるということは、この世の中にはありません。それは、普通に就活をする場合でも同じことです。私は、テープ起こしの仕事情報を見つけるために、とても努力した記憶があります。仕事を得るには自分で行動しなければならないんだなと痛切に感じました。

もしあなたが本気でテープ起こしを仕事としたいと思っていらっしゃるのであれば、とにかく行動し、情報を集めてください。そして、実際に応募してください。行動していれば、きっと道が開けることでしょう。

今回は、仕事を獲得するために、応募のポイントというテーマで話を進めてきました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





耳の健康をちつつ、リスニング力を向上する方法


lgi01a201411271800.jpg

こんにちは。カナ文字工房の関 香奈枝です。
今回は、耳の健康を保ちつつ、リスニング力を向上する方法について、お話を進めていきます。

あなたは、耳の健康を保つ方法をご存じでしょうか。例えば、以下のような方法があります。

・イヤホンの音量を大きくしすぎない
・雑音を長く聞かない
・大きな音のする場所は避けるか、イヤーマフを着ける
・ストレスや疲労をためない
・睡眠をしっかりと取る
・適度な運動、バランスの良い食生活を継続する


実は、ほかにも耳の健康を保つだけでなく、リスニング力を向上する方法があるのです。今回は、日本で唯一聴覚刺激訓練、『Liftプログラム』のインストラクターをなさっている♪リッスン+(プラス)♪の井上慧子先生に、耳の健康を保ちつつリスニング力を向上する方法、ROL(Reading Out Loud の略)を教えていただきました。

ROLは、自分の声を自分の右耳で聞くことによって、聴覚を刺激・訓練して耳の健康を保ちつつリスニング力を向上する方法です。一体、どんな方法なか、さっそく、やり方を解説していきましょう。

<用意するもの>
・辞書や本など、数冊
・テーブル
・椅子1脚
・譜面台か書見台
・文字が大きめの本(絵本または大活字本が適している)

<やり方>
では、実際の方法について解説していただきます。

(1)譜面台か書見台を組み立てて、本を置きます。
背筋を伸ばした状態でも本が読みやすいように、高さを調節しましょう。

(2)テーブルの上に、本や辞書などを積み上げます。
あとで、肘を置くための台となります。
ROL机(修正)

ギタースタンドでも同じようなことができます。
ROLギタースタンド


(3)テーブルが右側に来るようにして、椅子に座ります。
椅子には、浅く腰掛けましょう。
背もたれがあっても、もたれてはいけません。

(4)右手親指を外にして、グーの形に握り、口から3~4cm離した場所に近づけます。
ちょうど、マイクを握っているようなイメージで行うと良いでしょう。
IMG_2289.jpg


(5)右肘を、テーブルに積んだ本や辞書類の上に置きます。
握った右手の位置が口から3~4cm前になるよう、高さを調節してください。

【注意点】
ア あなたのこぶしは、あたたかい息が感じる程度に唇の近くに添えます。
イ 背筋を伸ばし、足は床にしっかりとつけましょう。
ウ 足首と膝の角度が、直角になるように椅子の高さを調節してください。
エ 右肘は、軽く本に乗せるだけとし、寄りかかりすぎないようにします。

ROL1.jpg



(6)本の内容を15分から30分間、毎日朗読します。
目の前にいる人に、本の読み聞かせをしていくようなイメージで行いましょう。本を朗読していることさえ忘れて行うぐらいが、ちょうど良いそうです。このとき背筋はピンと伸ばし、あごは少し引くぐらいの感じで行いましょう。リラックスして、ゆっくり本を朗読してください。


ROLを行っても音を感じる細胞が正常に戻るわけではないのですが、耳ができるだけすべての音を受け入れるように訓練されるため、結果的に聞こえの状態を保つことができるのです。右耳からの音は左脳の言語野に早く到達するので、この方法を続けていると言葉が聞き取りやすくなります。

面白いことなのですが、この方法を行い続けると脳への情報伝達能力も高まります。
そして集中力や言語能力、学習能力が高まったり、バランス感覚や運動機能も養われたりするのです。


実際、この方法を行うようになってから、私はブラインドタッチがとてもやりやすくなりました。キーを目で見ていなくても、どこにどのキーがあるか分かるようになったのです。また、聞こえにくかった言葉も聞き取れるようになって、専門会社のチェッカーさんから注意を受けることが減りました。おかげさまで、仕事がしやすくなって、とても助かっております。

テープ起こしは、耳が聞こえなくなってしまいますと全く仕事になりません。仕事を続けていく意味でも、耳の健康を保ちつつリスニング力を向上する意味でも、ROLを日々行うことは大切だと思います。このROLについてもっと詳しく話を聞いてみたい方は、千葉県船橋市にある♪リッスン+(プラス)♪まで、お気軽にお問い合わせください。

♪リッスン+(プラス)♪のHPはこちら

今回は、耳の健康を保ちつつリスニング力を向上する 方法についてお話を進めました。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。この記事が、あなたの何かに役立てば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





≪前のページ≪   1ページ/18ページ   ≫次のページ≫

スポンサーリンク

プロフィール

カナ文字工房 関香奈枝

Author:カナ文字工房 関香奈枝
あなたは事情があって
外で働けないからといって、
自分で収入を得ることを
あきらめていませんか?
このブログでは、
実際に現役の音声反訳者である私が
テープ起こしのコツや
役立つグッズを紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム